英語は小さいうちから習わせるのがベスト!良い英会話教室とは

>

英語に長く慣れ親しんでいくには

英語の基本とは

最近は学校以外の場所でも自主的に勉強することが主流になっています。学習塾や習い事など、学校の授業終了後にどこにも通っていないというお子さんはほとんどいないのではないでしょうか。
英会話教室もそのひとつです。しかも英語は幼いうちから勉強した方がいいとの考えを持つ親御さんが多いことから、未就学児でも英語を学んでいる子供が多くいます。未就学児であれば、まだ字を書いたり読んだりすることはできません。英語の基本は「英語を聞く、そして話せる」ことです。英会話教室を選ぶ際は、聞く力と話す力に重点を置くと選びやすくなるかもしれません。子供が楽しめて長く通えるだけでなく、将来の仕事などにも役立つ英語力を身に付けるにはどんな教室を選べばいいのか、次でもう少し詳しく紹介したいと思います。

子供の習性に合わせた教室を選ぼう

子供が英語を始める時、まず大切なのは「聞く力」を身に付けることです。ですが、子供とマンツーマンで英語を言い聞かせても効果はありません。幼い子は落ち着きがなく好奇心が旺盛です。長時間大人しくしていることはほぼ不可能です。幼い子供の習性に合わせて、遊ぶような感覚で英語を聞かせてあげることができればベストです。
幼児にとって良い英会話教室とは、子供の習性をよく知っていて、それに合わせた授業を行っているところでしょう。歌やダンス、絵本の読み聞かせ、子ども向けのDVDの内容を英語にして教えている教室を選ぶようにしましょう。
講師はネイティブの方がいいのかな、と思いがちですが幼児であればその辺りはあまり気にしなくていいかもしれません。むしろ、子供が今どうしたいのか、何が分からないのかなどを理解してくれる先生が好ましいので、もしかしたら日本語が詳しくないネイティブの先生は適さないかもしれません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ