英語は小さいうちから習わせるのがベスト!良い英会話教室とは

>

英語が長続きするコツ

まずは楽しく学ばせよう!

子供に楽しく学ばせることは基本中の基本です。「やりたくない」「嫌だ」という感情を持ってしまうとどんなことでも長続きはしないものです。将来の英語力はあらゆる場面で必要になってくるでしょうし、お子さんが成長する頃には今以上に各国共通語として使われることでしょう。英語は必要だから、という思いばかりが先走って強制的に教えたり厳しくしすぎるのは却って逆効果です。お子さんが楽しんでやっているかが大切です。そのためにはまず親御さんが一緒になって楽しむことが重要になってきます。
先程も少し説明しましたが、子供が楽しめる英語教材を使ったり、好きな食べ物や乗り物などの英単語から教えてみたり、一緒に英語の歌を歌ったりなど、楽しめる要素はいくらでもあります。また、やりたくないという態度の日があれば強制せずに焦らず勉強させるようにしましょう。

慣れてきたら「発音」を重視

小さいうちは英語を「聞く」という力を付けることから始まります。聞くことが習慣になれば自然と単語、言語を理解し始めますし、そのうち話せるようにもなってきます。ですが、話し始めた時に発音やイントネーションが正しくないと、途中で投げ出してしまう子供も多いのです。
日本語と英語は発音からイントネーション、全てが違います。日本人特有の感覚かもしれませんが、物心が付いてくると英語を話すことに抵抗を感じてしまう子供もいるようです。何となく恥ずかしいという感情が芽生えてしまうのでしょうか。さらに発音やイントネーションに誤りがあると抵抗感は更に増してしまいます。「人前で間違えた」という経験が恥ずかしさを増すのでしょう。そうならないためには、幼いうちにしっかりと正しい発音とイントネーションを身に付けておくことが大切です。その点は教材や教室だけに頼らず、ご両親も一緒に気を付けなければいけません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ